セミナー・フォーラム 2018.08.08

札幌AI勉強会・SAPPORO AI LAB 共催 講演会 札幌市立大学、中島学長が語るAIが知と産業にもたらすイノベーションの世界

定員に達しましたので、お申込みを締切りました。

1976年、札幌には未来を予感した若者たちがアメリカの若者と競うようにマイコンがもたらす新時代に挑み、引けをとら ない技術的成果を手にしていました。折しも始まった第2期AIブームと並走しながらテクノロジーの限り無い世界を体感して いた時期でもありました。

それから30年…その記憶を継承する技術者達がAIの急激な拡がりに着目して2016年3月「札幌AI勉強会」を発足。2017年6 月には産学官連携によるAI産業の活性化を目指して北海道大学等の研究者や札幌市、そしてIT業界団体、企業が「SAPPORO AI LAB」を設立。それらを知と活動の拠点にし、様々の研究や挑戦を始め、私たちは今や大きな可能性の前夜に居ます。

この重要な時期に、何をすべきなのか、産業として何を目指すべきなのか…日本のAIをこれまで牽引されてきた中島学長 にお話を伺う機会を頂きました。
基調講演では、AI研究者として、AIの将来や北海道・札幌の可能性について、またQ&Aセッションでは、AI技術のホットで具 体的なテーマについて参加者と深く語り合っていただけます。

中島秀之(なかしま・ひでゆき)氏 プロフィール

東京大学大学院情報理工学系研究科 先端人工知能学教育寄付講座特任教授、公立はこだて未来大学名誉学長。1952年、 兵庫県生まれ。1983年、東京大学大学院情報工学専門博士課程を修了後、同年、当時の人工知能研究で日本の最高峰だった 電総研(通商産業省工業技術院電子技術総合研究所)に入所。協調アーキテクチャ計画室長、通信知能研究室長、情報科学 部長、企画室長などを歴任。2001 年、産総研サイバーアシスト研究センター長。2004年、公立はこだて未来大学学長、東京 大学を経て札幌市立大学学長に就任。SAPPORO AI LAB のエグゼクティブ・アドバイザーもお務めいただいている。
所属学会は人工知能学会フェロー、情報処理学会フェローなど。
著書は「人工知能革命の真実 シンギュラリティの世界」「知能の物語」など多数。

プログラム

1部:基調講演
2部:Q&A セッション

期日

2018年9月12日(水)17:00 – 19:00

会場

space360
札幌市中央区南1条西6丁目20番地1 ジョブキタビル8階

定員

80名(受講料無料)

受講お申し込み

定員に達しましたので、お申込みを締切りました。

お問合せ

SAPPORO AI LAB 事務局:〒060-0061 札幌市中央区南1条西6丁目20-1 ジョブキタビル8階